紫外線 日焼け

誰も知らなかった画期的な紫外線対策を大公開!
TOP PAGE >

紫外線によって日焼けが起きる理由

紫外線 日焼け

長時間、紫外線を浴びていると日焼けをすることは、大抵の人が理解しています。
肌の日焼けの要因になっている紫外線とは、どのようなもののことでしょう。
太陽光線に含まれている紫外線は、さらに紫外線A波、紫外線B波、紫外線C波があります。
A波はかなり強い紫外線となっており、窓ガラスを通過するほどの威力があります。
ガラス窓越しに陽光を受けていた時や、車の運転をしていた時でも、紫外線A波は通り抜けるので日焼けします。
天気がよくない日や、雲が重くたれこめている日は、紫外線B波が地上には届きにくくなります。
紫外線B波はオゾン層ででもカットされています。
紫外線C波が日焼けに関わることはありません。
なぜなら、紫外線C波はオゾン層を抜けられないからです。
窓ガラスを通り抜けてしまう紫外線A波は、肌の真皮層にまで到達して影響を及ぼすものですが、日焼け効果で考える場合は、B波ほど怖くありません。
しかし、家の中にいる時でも影響がある紫外線ですので、普段から紫外線A波対策を講じておくことが大切になります。
日焼けは、ただ単に肌の色が黒くなるだけでなく、肌の老化やしみそばかすなどの原因になるので、極力浴びないようにするのが大切です。
紫外線で日焼けをするのは、肌をガードするためにメラニン色素を増やす、いわば防衛策です。
こんがりと焼けた肌は、活動的な印象を人に与えますが、肌にとって日焼けは決していいものではいえまいので、ほどぼどにしておきましょう。

同じ紫外線でも日焼けに差が出る原因

紫外線 日焼け

人によって、紫外線を浴びたことで起きるお肌の影響が異なっているのは、一体どうしてでしょう。
屋外で、同じ日に同じ時間を過ごしていたのに、日焼けで肌がヒリヒリする人と、そうでもないと感じている人がいます。
また、日焼けの内容も、肌が黒くなる人もいますが、赤く腫れてしまうという人もいます。
同じ条件で日焼けをしても、人によって肌の状態は違います。
なぜ、人によって日焼けの症状が違うのは、紫外線から肌をガードするためのメラニン色素の違いです。
日焼けには、サンタンと、サンバーンがあります。
サンタンは肌を黒くする作用で、サンバーンは肌を赤くヒリヒリさせる作用となります。
お肌が黒くなるのは、メラニン色素を生成するメラノサイトの働きが活発であるためです。
肌の色が変わりやすいというのは、肌をガードするためにメラニン色素がつくられている状態です。
メラノサイトの働きが活発だと、紫外線の影響ですぐにメラニン色素ができますので、肌は黒くなり、老化しにくくなります。
これに対して、なかなか日焼けしない人の場合は、紫外線を遮るためのメラニン色素がなかなかできないという人になります。
紫外線を浴びても肌が黒くならない場合、肌トラブルの原因になりかねません。
人によっては、紫外線を浴びても皮膚の状態が変わっていないというふうに見えることがあります。
日焼けをしても肌が黒くならない場合は、紫外線は皮膚へと到達し、肌の細胞に悪影響を及ぼしていることがあります。

紫外線の量と日焼けの関係について

紫外線のひとつであるA波は、ガラスを通過することが可能なため、車内や室内にいても日焼けしてしまいます。
紫外線B波は、紫外線A波ほどの強烈さはありませんが、地球上にまで到達している紫外線なので、予防策が欠かせません。
1年のうち、紫外線の量が一番多いのは5月から9月にかけてと言われています。
5月の陽光はまだ盛夏のような強さがありませんので、まだ紫外線の対策は必要ないと考えている人も少なくないようです。
気候のよい5月は、袖や丈の短い服装に変わる時期でもあるので、紫外線の対策を忘れないようにしましょう。
夏は、紫外線の量が多くなる以外にも、発汗が増える季節です。
日焼け止めは汗に流されてしまいやすいので、こまめに塗り直さないと日焼け止めの効果が薄くなっていまします。
日焼け止めクリームは、商品によって性能に違いがあります。
紫外線を遮る力が強いものは、SPF値の高い商品ですが、使いどころが大事になります。
SPF値の高い日焼け止めを一度にたくさん使用するよりも、数値が低いものをこまめに塗りなおした方が日焼け止め効果が高いと言われています。
日焼けどめクリームをつける時は、肩や、鼻の頭、額のような、紫外線を浴び続けている部分は、何度も塗り直してください。
紫外線量は1日の中でも変化するものであり、一番多い時間は、10時から14時と言われています。
日焼けをしないように、紫外線を意識した行動をする場合は、一年中実行する必要があります。

大事な目を守るために紫外線対策を

大抵の人は、紫外線対策と言われると皮膚の対策を連想しますが、実は目も守るべき部分です。
人によってまぶしさを感じる度合いは異なると思いますが、目の健康のためには紫外線の対策をすることが大切です。
目を紫外線からガードすることは、皮膚を紫外線から守ることに匹敵するほど重要です。
よほど強い紫外線を浴びなければ、本来は、紫外線が目に及ぼす影響を考える必要はありません。
目自体が紫外線を遮っているためです。
けれども、陽射しの下で運動をする人、作業をすることが多い人は、目を紫外線から守るための工夫が重要になってきます。
目のために紫外線の対策をするのであれば、サングラスをかけるのが一番有用な対策方法になります。
もしも、紫外線対策にサングラスを装着するならば、紫外線透過率の低い商品を探しましょう。
レンズの色は関係ありません。
透過率の値が低いほうが、紫外線を通さないということになります。
つば広の帽子や、日傘を使って陽射しが自分に届かないようにすることも、紫外線対策には有効です。
目を紫外線から守るには、日なたにいる時間を減らすようにすることも有効です。
目のケアには、目薬を差したり、目を冷やすなどの方法がありますので、外出からの帰宅後に試してみてください。
紫外線が多い時期だけに限らず、年間を通して対策を行って、目の受けるダメージを最小限にするように気をつける必要があります。

内側からできる日焼け対策

日焼けへの対策をしっかり行うことは、お肌のためになります。
お肌が日焼けの影響を受けると、それだけしみやそばかすなどの症状が出るようになります。
日焼け対策にクリームをつけたり、美白にいい化粧品を使うという方法もありますが、日焼け対策になるものを食べることで体を内側からつくることも可能です。
ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEはどれも日焼け対策にとって非常に有効な栄養素です。
日焼けに効果があるというクリーム類にも、ビタミンCがよく利用されています。
お肌のハリをよくするエラスチンをふやし、しみやくすみの原因となるメラニン色素の除去効果が、ビタミンCには期待できると言われています。
活性酸素は紫外線を皮膚に浴びることによってできやすくなりますが、ビタミンCは活性酸素の除去にも効果的です。
体内の酸化を防ぐ成分にはビタミンEがあります。
酸化は肌の老化現象を促進しますが、この作用をストップさせることができます。
ビタミンAも抗酸化作用の他にコラーゲンの生成に有効であることがわかっています。
生理中、敏感になった皮膚は日焼けの影響を被りやすいといいます、それは、生理中はビタミン不足になりややすいためです。
効果の使い日焼け対策をするために、スキンケア用品に頼るばかりではなくて、日焼け対策にいいものを食べるようにしましょう。

季節で変わる日焼け対策

日焼け対策は、肌をきれいにし続けるためには欠かせないものです。
紫外線からお肌を守るためには、季節を問わずいつでもケアをすることです。
真冬でも、日焼け防止に必要なことをやっておきましょう。
紫外線は5月くらいから増加し、6月には真夏並みになります。
春のうちからきちんと日焼け対策をしておかなければ、お肌にダメージを与えてしまいます。
紫外線が多い時期は汗もかきやすくなります。
日焼け止めは汗で落ちやすいので、面倒でもこまめに塗りなおすことが大切です。
夏の日焼け止めクリームは、普段どおりの生活をしていても日に3、4回つけるようにします。
効率的な日焼け対策をしたいならば、効果があまり強くないものでも、何度か塗りなおすスタイルのほうが、おすすめです。
わずかずつしか日焼け止めクリームをつけないでいると、効果が薄くなります。
つけ忘れがちなのが顎の下部分です。
紫外線はあちこちからはね返る性質がありますので、あごの下も油断できません。
夏ほど強くなくても、年間通して紫外線は皮膚に届いています。
紫外線が弱い季節でも、うっかりとすると日焼けをしてしまうでしょう。
冬のうちは紫外線量が少ないので肌の紫外線に対する抵抗力が低下しています。
春先はいきなり紫外線が強くなる日があるため、肌はそのぶん損傷を受けやすくなってしまいます。
日焼け対策を十分にしておくためには、1年じゅういつでも、紫外線カットをしておくことです。

日焼け止め以外の紫外線対策

日焼け対策効果があることには、何があるでしょう。
夏以外でも紫外線カットをする以外には、何をするといいでしょうか。
何をすれば日焼け対策になるかを知り、やれることをやっていきましょう。
近年では、紫外線に対する予防はどんな人でも必要だと考えられており、子ども用の日焼け止めクリームなど、色々な商品があります。
紫外線は目からも入って日焼けの原因となります。
紫外線から目を守るためにはサングラスが一番効果的です。
赤ん坊や子どもの目を守るための紫外線対策グッズや、デザインに凝ったサングラスもあります。
様々な手段で紫外線を遮断し、皮膚に紫外線が届かないようにする衣類もあります。
色や形も様々で、好みに応じて選ぶことができます。
紫外線が皮膚に到達しないようにするために、日焼け止めクリームと一緒にUVカットの服を着るようにしましょう。
顔の周りに大きく影をつけることができるつばのひろい帽子や、折りたたんで持ちあるけるものなど、UV対策用の帽子やサンバイザーも人気です。
可愛いデザインの日傘もよく使われています。
傘は、雨の日でも、紫外線を遮断したいときでも使えるタイプのものがありますので、1本でお得です。
車の運転をする人の日焼け対策にはアームカバーが必須アイテムです。
素材もデザインも多様化しており、利用する人が増加しています。
扱いやすさから人気なのは、紫外線カットに使えるネックカバーや夏用のストールです。
外出時に身にまとえばいいだけなので手軽です。
UVカット処理の施されたものを活用して、上手に日焼け対策をしていくようにしてください。

サイトメニュー

ただいまの時刻


サイトメニュー


紫外線・日焼けについての情報ウェブサイトです。紫外線・日焼けのことを知らなくても、当HPを活かせば詳しくなることができます。

Copyright (C) 2018 誰も知らなかった画期的な紫外線対策を大公開! All Rights Reserved.

ページの先頭へ