PAGE TOP

陽気に熱弁する彼と月夜

置きっぱなしの餃子は固かった

例えば、地球に初めて来た宇宙人に「百姓」を説明するなら、どうやって言う?「トニックウォーター」の特徴とか、ううん、まずこの世界のことから説明するかもね。

陽気に自転車をこぐ兄弟と夕焼け
季節の中で、梅雨が気に入っている。
部屋の中は湿度が上がり出かければ雨に濡れるけど。
理由として、子どもの頃、この時期に見られる紫陽花が可憐で、それ以来紫陽花が咲くのを楽しみにしている。
九州長崎で知り合った、シーボルトとお瀧の紫陽花の中での逢瀬を知っているだろうか。
オランダ人に紛れて男の子医師のシーボルトが、紫陽花を見て「お瀧さんと同じくらい美しい花だ」と言う。
この時期に美しく咲くあじさいを見て何回も、お瀧さん、お瀧さんと口にした。
そのうち訛ってしまいアジサイはオタクサと別名を持つようになったという。

薄暗い平日の早朝はひっそりと
業務で身に着けるスーツスカートを購入しに向かった。
コムサ等フォーマルなところもいいな〜と悩んだけれどギャルショップも有りだと思う。
若々しくて元気な女物のファッションビルで、ラインが強調される製品が多数。
金額は店によって差が出てくるが、なんとなくお手頃。
店を選び、製品を探していたが、小さめの物ばかり売られていた。
着用後、少しはあか抜けているように見える気がする。
良い感じのショッピングができて、ちょっと満足した。
ぽかぽかした木曜の午前は足を伸ばして
ある大きな内容の仕事が舞い込んできたとき「どうにかなる」などと思っていた入所当時。
その時、私たち新米のみんなが「過ぎてしまったら大したことないよ」などとのんびりとらえていた。
すると指導専門の女性上司が、促した内容が脳裏に残っている。
「目的のために充分に時間をかけたからこそ、業務終了後に無事だっただけの話。
それ故に、みんなのように軽く過ごしていて、たまたま事が簡単だったという意味は含まれていません。
過ぎれば単純だったと言う本当の意味は、その逆です。
前からじゅうぶん学び準備をしたからこそ、力が有り余って、事が円滑に進んだという事を言っているだけです。
がっつり仕事をする気になれましたか?
なめてないで真剣に取り組んでください。」
と言うセリフ。
この言葉があってから、みんな必死に勉強しじゅうぶん収めきることができた。

ぽかぽかした日曜の朝に足を伸ばして
甘い物がめっちゃ好きで、バウンドケーキやようかんなどを自分でつくるけれど、娘ができて作る甘い物が限られてきた。
私たち親が大変喜んで食べていたら、子供が自分も食べたがるのは当たり前だから子供も食べられるバウンドケーキを私がつくる。
自分は、激甘なものがすごく好きだけれども、娘には激甘なケーキなどは小さなうちは食べさせたくないのでつくらない。
ニンジンやかぼちゃをいれた蒸しケーキが栄養的にも良いと考えているので、砂糖をひかえて入れる。
笑顔でうまいと言ってくれたら、とってもつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
ここ最近、ホームベーカリーも使って焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。
凍えそうな祝日の午後に窓から
日本は、たくさんの祭事が開催されているだろう。
生で確認したことはないのに、大変よく知っている祭りは、秩父夜祭りである。
立派な彫刻を施した、笠鉾と屋台の合計6基。
祭りの概要が分かる会館を観光したときに、ビデオや実物大の笠鉾と屋台を見ることができた。
冬に行われるので、冬祭りという別名でも呼ぶみたいだ。
生で見たい祭りの一個である。
夏に開催されているのは、福岡県福岡市の放生夜があり、生き物の生を奪う事を制限する祭り。
大昔は、この祭りの間、魚釣りもしてはいけなかったという。
伝統ある祭事も重要だが、私は屋台も同様に大好きかもしれない。

雨が上がった大安の日没にカクテルを
ひえしょうになってからは、わずかにハードだけれど、何と言っても冬が気に入っている。
外が乾いているからか、カラッとした匂い、さらにこたつのぬくもり。
寒い時期の日差しって贅沢な気がするし、一眼レフを持って、早朝の海岸も綺麗。
その時は、レフもOKだけれどトイカメで思う存分撮りまくる方が本当に良い感じの一枚が手に入る。
どしゃ降りの火曜の夜は昔を思い出す
大好きなアーティストはいっぱい居るけど、最近は洋楽ばかり選んでいた。
でも、国内の歌手の中から、ファンなのがCHARAだ。
CHARAは多数の作品を世に送り出している。
人気がある曲なのは、SWEET、タイムマシーン、DUCAなんか。
私たちの国、日本色々なミュージシャンが知られているが彼女はcharaは素晴らしい個性がピカピカと見られる。
日本には、海外で曲を出す音楽家もたくさんいるが、チャラも人気が出るような予感がある。
あたしなんで抱きしめたいんだろう?あたしを無人島に持って行って
このようなタイトルが作られることにビックリする。
半分以上の曲の作詞作曲もしていて個人的には、感受性がありカリスマっぽい才能があると思う。
ジュディマリのユキとコラボレーションし、トップ10入りした、「愛の火、3つ、オレンジ」も、大好き。
2人とも可愛かったから。
誰だって一回くらい、思う、思われたい感じの事柄を、上手に一言で表現している。
キャッチフレーズのコンテストなどに参加してほしい。

陽の見えない土曜の午後は足を伸ばして
とある夏の昼。
少年は外で、蟻の行列が虫の死骸をせっせと運ぶところを観察していた。
蟻たちは一生懸命働いているのだけど、虫の死骸一つでこんなに大量の蟻がいたって、無駄なんじゃないかと、少年は首をかしげた。
少年は、蟻たちに砂をかけたらどうなるだろう、という好奇心に駆られた。
しかし、今日のところはだまって観察し続けることに決めた。
暑い夏の日なので、少年の汗が頬を伝い、ポタポタと蟻たちの近くに落ちた。
じめじめした週末の晩は座ったままで
少年は真夜中の三時に起きてしまった。
夏休みが始まって2週間くらいたった夏の夜だった。
暑さと湿気で寝苦しく、深く眠れなかったようだ。
せんぷうきは部屋の空気を混ぜているだけで、ちっとも涼しいとは思えない。

寝れないし、お腹も減ったので、少年はカレーを作ろうと思った。
冷蔵庫を開け、野菜と肉を取り出し、調理を始めた。
夜が明けるころには、台所からは、美味しそうなカレーの匂いが広がっていた。

雪の降る祝日の晩に窓から
スタートさせたら、ものにするまでに時間を要するものが、身の回りにたくさんある。
パッと思いつくのが、外国語だろう。
しかし、お隣の韓国の言葉は、例外的で、母国語である日本語と語順が一緒で、その上に音が似ているので、身になりやすいそうだ。
しっかり韓国語を特訓していた友人曰く、英語よりわりと習得しやすいのでやりがいがあるよ、とのこと。
ちょっとだけ参考書でも読んでみようかなあ・・・と思ったけれど、どうしてもハングル文字はお絵かきにしか見えない。

Copyright (c) 2015 置きっぱなしの餃子は固かった All rights reserved.