肌 紫外線

誰も知らなかった画期的な紫外線対策を大公開!
TOP PAGE >

紫外線が肌によくない理由

肌 紫外線

お肌を紫外線から守ることはスキンケアのためには大事だといいますが、なぜでしょうか。
肌に紫外線が照射されると、どんな作用があるものなのでしょう。
紫外線とは、太陽の光の中に混ざっている特定の波長の光です。
私達は日頃から紫外線を全身に受けていることになります。
太陽光のうち、明るく見えるのは可視光線であり、そのほかに紫外線と赤外線という見えない光もあります。
赤外線と紫外線の違いは波長の長さであり、波長の長いものが赤外線、波長の短いものが紫外線です。
紫外線は、それぞれの特性によってA波、B波、C波の3つがあり、各々で性質が異なります。
3種類の紫外線のうち、UVCと呼ばれる紫外線C波はオゾン層で阻まれるので、地面にまで届くことはありません。
けれども、紫外線C波を吸収していたオゾン層が減少していると言われていることから、いつか状況が変化するかもしれません。
皮膚に赤外線が照射されても、肌を損ねたりはしません。
けれども、赤外線のために肌が暖かくなれば、紫外線の効果が出やすくなります。
紫外線による肌への悪影響が強くなることがあると言われています。
肌を紫外線からガードするためには、UVカットのクリームや装備品で皮膚を守るようにしましょう。

紫外線が肌によくない季節

肌 紫外線

肌の日焼けが気になることから、夏場になると紫外線への関心が高くなります。
季節が夏にちかづくにつれ、お店で売られるUV商品も多くなります。
紫外線が強烈になる季節は夏ですが、夏に限らず紫外線は肌に降り注いでいます。
夏ほどの量ではなくても、年間いつでも紫外線はあるのです。
一番多い季節は6〜8月ですが、3月からもう用心する必要があります。
冬の間でも、UVBと呼ばれる紫外線B波は、ピークの時期の5分の1、紫外線A波であるUVAは2分の1も肌に届いていると言われています。
たとえ夏でなくても、紫外線への備えは常にしておいた方が、きれいなお肌のためになるでしょう。
どのくらいの量の紫外線が地面に届いているかは、季節以外にも変動要素があります。
天候や時間帯だけでなく、どの地域に住んでいるかによっても紫外線の量は異なっています。
太陽光の照り返しや、高さなどの要素によっても、紫外線の量は異なります。
遠出をしたら、出先で日焼けをしたという話もあります。
普段と違う場所で、ルーチンと違う行動をとったら、紫外線を浴びてしまったということもあります。
オールシーズンオールタイム同じ紫外線対策で通すのではありません。
紫外線の影響からお肌を守るためには、一見して紫外線が多くなさそうな時期であっても、しっかり紫外線対策を行うことです。

紫外線は肌にどんな影響を与えるのか

お肌に届く紫外線Aと紫外線Bは、それぞれどういった変化をお肌に対して及ぼすものなのでしょうか。
紫外線A波を浴びた肌は日焼けをし、しわやたるみが目立つようになります。
即効性のある日焼けは紫外線B波です。
紫外線は、曇天でも、ガラス窓越しでも皮膚にまで届きますので、お肌を紫外線からガードする時には要注意です。
紫外線対策は、曇り空だからといっていい加減にしていいものではありません。
UVBは肌の炎症をひきおこし、しみやそばかすの原因となる紫外線です。
UVAと違って、UVBは皮膚表面に影響を及ぼすタイプの紫外線です。
そのため真皮層までは作用しませんが、皮膚の表面が火傷のように赤くなることがあります。
UVBを受けた皮膚はメラニン色素が増加し、しみやそばかすになることがあるようです。
人の皮膚は、一見しただけではわからずとも、徐々に紫外線の変化を被っています。
ある時気づけば紫外線による肌の老化が進行していたということになります。
肌を守るために、紫外線をシャットアウトしましょう。
UVカット機能のある化粧水やクリームを使用したり、つばの広い帽子や日傘、サングラスを使用したりしましょう。
紫外線を遮るためのパーカーや手袋など、夏でも肌の露出を防いで紫外線対策をすることが大事です。

紫外線から肌を守る必要性について

肌の露出が多い季節になり、紫外線が気にかかるようになると、紫外線防止用品の出番が増えてきます。
ドラッグストアや通信販売などに、紫外線対策効果つきの化粧品や衣類などが登場するようになります。
かつて、健康のために太陽の光は浴びるべきという説が存在していました。
紫外線の肌への悪影響に着目する人は滅多におらず、体にいいからと子供に日焼けするよう促していたという時代もあったものです。
最近の研究によって、紫外線はあまり浴び過ぎると体に悪い事もわかってきています。
ずっと紫外線を浴びていると、白内障や皮膚がんだけでなく、免疫力が下がって感染症になりやすいことも指摘されています。
皮膚がんや白内障だけでなく、紫外線を浴び続けた肌は老化しやすくなり、しわやたるみが増えるので、美容面から見ても困ったことになるでしょう。
肌を紫外線にさらさないようにすることは、美容のためにも欠かせません。
近年では、紫外線を防止する研究が熱心に行われています。
効率のいい紫外線対策クリームやグッズ類も開発されており、手軽に購入することができるようになっています。
普通に活動している限り、紫外線から全く肌に当たらない生活をすることはまず無理ですが、数々の紫外線対策道具を利用することで、上手に紫外線を避けていきましょう。
紫外線から肌を守る日焼け止めクリームや日傘、帽子などのほか、袖の長いシャツやサングラスも紫外線をカットするには効果的です。
紫外線予防は、一度日焼けをしてからよりも、事前の対策が重要です。
積極的に紫外線防止グッズを活用して、お肌を紫外線から守っていきましょう。

紫外線の防止とその種類について

お肌を紫外線から守るためには、紫外線とはどんなものかを知っておくことです。
紫外線を防止するためには何をすればいいかは、紫外線の種類や、それぞれの紫外線の特徴を知っておくことです。
紫外線は、B波という波長を含んでいますが、これは強いエネルギーがあり、お肌の炎症の原因になるというものです。
B波は波長が長くないために、お肌に直接触れてくる量は、紫外線全体の10%以下でしかないということもいわれています。
だからといって、紫外線を防止しなくては良いといく事ではなく、肌のためには防ぐことが必要です。
病気の元になるものは、紫外線のB波ですが、紫外線のA波は、肌が黒くなって日焼けを引き起こし、しわやしみの発生を早めると言われています。
紫外線B波と比較すると波長が長いことが紫外線A波の特性ですが、その結果、皮膚の深層まで届き、お肌に影響をもたらすことになるといいます。
紫外線A波と紫外線B波が、それぞれどんな影響を肌に対してもたらすのかを知ることで、効率的に紫外線防止策を立てることができるようになります。
紫外線A波はオゾン層を突き抜けるので、紫外線B波と比較すると20倍以上の量が地表に到達します。
紫外線A波は、窓ガラスも透過しますので、屋内にしても紫外線をとめるための方法を考えなければいけなくなります。
反対に紫外線のB波は、そもそも量が少なく、ガラス越しには届かないので、帽子をかぶったり、日傘を差すだけで、十分に紫外線対策になるわけです。
紫外線を防止するための方法はいくつかあるので、紫外線対策を考えている人は、情報収集して比較検討することをおすすめします。

紫外線を防止するための対策

お肌に降りそそぐ紫外線を防止したいのであれば、多くの人が日焼け止めの使用を考えるようです。
日焼け止めクリームの使用以外にも、紫外線防止に効果があることといえば、サングラスや帽子の着用、日傘の使用などです。
季節が夏に近づいてくると、紫外線防止のために使われるクリームは、コスメショップやドラッグストアに陳列されるようになります。
一口に紫外線対策のクリームといっても、効果の現れ方は様々ですので、天候や、季節によって、使い方を考えることが大事になります。
日焼け防止クリームには、SPFとPAという表示があり、選ぶ際に必ず確認して欲しい数値です。
まずSPFというのは、紫外線のB波を防止するための成分であり、このSPFの数字が高ければ高いほど、紫外線B波を防止する効果があります。
ですが、紫外線をカットするクリームほど肌を傷める傾向があるため、肌荒れが日焼け止めクリームのせいということもあります。
SPFをチェックして、その日の外出時間や、活動の目的に応じて一番使いやすい日焼け止めクリームを使用するといいでしょう。
SPFのほかに、PAという数字を確認することが、紫外線防止には重要であると言われています。
PAとは、しみやしわのような日焼けによる肌の老化をもたらす紫外線A波を防止することを目的としているものです。
このPAには4段階あり、通常の生活をする場合に適したものから、海や山にいく場合など強い紫外線にさらされる時に使用するものもあります。
紫外線防止クリームは、汗で落ちることもあるので、小まめに塗るようにする事が大切です。

暑い季節の紫外線対策について

美容を気にかける女性にとっては、紫外線対策はとても大事なことだといえます。
肌のしみや乾燥を未然に防ぐためには、紫外線対策がどうしても必要です。
紫外線とは、日光に含まれているものです。
できるだけ陽射しを受けない服装をすることが、紫外線対策となります。
紫外線を遮る効果があるものとしては、色の黒いものが上げられますので、参考になります。
服に使用される素材としては、羊毛やポリエステル、ビニロンなどが紫外線を遮る効果が高いのでおすすめです。
羊毛などの繊維で作られている服であれば、網目が粗い物よりも細かい物の方が紫外線の対策としての効果が高くなります。
季節に応じて適切な服装は変わりますので、紫外線を遮るグッズはいくつかありますが、一年中同じものというわけにはいきません。
夏の暑い盛りに、色の濃い服や、化繊の服を着ていると、服装とシーズンがそぐわないということもなりかねません。
特に、日本は湿度が高い国ですので、体内の熱が放出されにくい服は体調を崩す恐れがあります。
色が濃い服はデザインによっては夏らしくない印象を与えてしまいますし、目の細かい羊毛やポリエステルの服を夏場に来ていると、ちぐはぐな服装になります。
ビニロンは吸水性が高く頑丈なため、一年を通して使える素材ですが、ファッション素材としてはあまり使われることがなく、作業服用の素材というイメージが強いものです。
最終的には、紫外線対策とファッションや実用性の何方を取るかという話になり、そこが女性としてのセンスが試されるところでも有ります。

お役立ちサイトや関連サイトの紹介です。


闇金 相談 弁護士
全国や地方にお住まいの方で、ヤミ金トラブルの解決のために、相談をするならコチラがオススメです。ヤミ金問題、早めに解決してスッキリしませんか?

ただいまの時刻



肌・紫外線に関心があり、肌・紫外線のことをたくさん学びたいと思っている方や、何からすればいいのか悩んでいる人にオススメの情報を配信します。

Copyright (C) 2018 誰も知らなかった画期的な紫外線対策を大公開! All Rights Reserved.

ページの先頭へ