シミ 紫外線

誰も知らなかった画期的な紫外線対策を大公開!
TOP PAGE >

紫外線対策とシミの原因について

シミ 紫外線

しわやしみのないきれいなお肌をキープするためには、紫外線が強くなる季節でもしっかりと紫外線予防をしましょう。
なぜ紫外線がお肌のしみやしわを増やすのかメカニズムを把握することで、適切な紫外線対策ができるようになります。
強い紫外線を照射された肌は、表皮に存在するメラノサイトいう細胞によってメラニン色素を多く作りだすという性質があります。
メラニン色素というのは、肌の色を黒くする事によって紫外線を吸収して、肌を守っています。
メラニン色素が生成されることで、紫外線から肌は防護されるわけです。
しかし、メラニン色素が生成されすぎると、結果的にしみやくすみになってしまいます。
ターンオーバーによって古い皮膚と新しい皮膚は絶えず入れ代わっていますか、メラニン色素は本来は古い皮膚と一緒に排出されます。
お肌にシミができるのは、ターンオーバーによって排出されきれなかったメラニン色素が沈着し、皮膚の中に留まっているためです。
シミができるのは紫外線を皮膚が受けてすぐではなく、ある程度時間が経って、メラニン色素がおさまるとこにおさまってからです。
たいていは、夏に浴びた紫外線が目に見える形になるのは、秋や冬ごろになって、だんだん出てくる事が多いのです。
シミができてしまってから慌てることがないよう、早め早めの紫外線対策がポイントになります。
紫外線が強い時期に限らず、普段から紫外線対策をしっかりしておくことが、紫外線による影響で肌が老化してしまわないようにするためには大事なのです。

紫外線をカットして日焼け対策をする

シミ 紫外線

紫外線対策の基本は、太陽光の下に出る時に紫外線を肌に浴びないようにするということです。
けれども、陽光の下で活動する機会は必ずあります。
家の外に用事がある時は、紫外線を通さない処理がされている日傘、サングラス、つば広の帽子やサンバイザーなどを使うようにすることです。
紫外線は目に見えないだけでなく、地面や物にも反射する性質があるので、意識した対策をしなければなりません。
そのため、頭上からの紫外線ばかりを意識して対策をしていると、下や横からの紫外線を忘れてしまいがちです。
紫外線対策では、目で見てわからないような細々とした部分までの配慮が必要になってきます。
紫外線を散乱または吸収するサンオイルを皮膚に塗っておくことも紫外線対策になります。
数時間おきに日焼け止めクリームをつけることで、紫外線対策効果を維持することができます。
化粧直しをすることが多い女性ならば、メイクを整える時に日焼け止めクリームをつけるようにすれば、常に紫外線からお肌を守れます。
日焼け止めには、SPFといった日焼け止めの度数などが書いてあります。
SPFの強いものは普段は使わず、強烈な紫外線の下で活動する時に使います。
例えば、普段使いはSPF20で、海水浴の時はSPF50を使うといったようにです。
紫外線対策の基本は、まめにお手入れをすることにあると言われています。

紫外線対策に効果的な化粧品について

紫外線は、肌に浴びてしまってから行う対策と、紫外線を肌から遮るための対策とが存在します。
さほど長時間紫外線の下で活動してはいなかったはずなのに、肌が日焼けでひりひり痛んだり、赤く熱を持ってしまうということは珍しい話ではありません。
どのような紫外線対策をすれば、紫外線を浴びて痛んだ肌を整えることが可能なのでしょう。
一度に強い紫外線を肌に浴びてしまうと、赤くなってしばらく持続します。
日焼けでできた肌の赤みは一日ほどで元に戻りますが、皮膚を冷やしたりしても赤み自体を消すことはできないようです。
その後、数日でメラニン色素が増加し、肌の黒さがはっきりしていて、日焼けになります。
皮膚が黒くなるまでは肌の炎症を抑制する美白化粧品などを活用し、シミやくすみなどが増えないようにすることが、紫外線対策では重要です。
抗酸化力のある成分が、美白化粧品は含まれていることが多いといいます。
化粧品を選ぶ時は美白化粧品の配合商品にして、意識して余計めにつけることで紫外線ケアとなります。
デパートなどの紫外線対策のための商品コーナーにはいろいろあります。
日焼けをしないように使う紫外線カット商品だけでなく、日焼け後の肌ケアのためのローションなども販売されています。
日焼けをした皮膚につけるローションには、肌のほてりを冷ます成分や、肌の炎症を抑制する成分、肌の抵抗力をつける成分など、紫外線対策に有効な成分がたくさん使われているといいます。

肌のために紫外線を防止しよう

肌に紫外線が悪いということはよく言われますが、なにがどう悪いのでしょうか。
少し前までは、太陽光を浴びることは健康にいいという認識が一般的でしたが、近年では変わってきています。
目には見えませんが紫外線は2種類存在し、皮膚表層と、皮膚深層にそれぞれ作用します。
紫外線を防止することで皮膚の損傷を防ぐことができるのです。
紫外線が及ぼす肌への作用は、美しさを気にする女性の多くが意識する美肌を損ねるだけでなく、肌により深刻なダメージを与えます。
最近は、紫外線の強さは日本国内でも問題視されています。
日焼けで肌がダメージを受ける以外にも、皮膚がんのリスクが高まるとも言われています。
日本人のような有色人種は、白人とはちがって紫外線には強く体は出来ています。
肌と動揺、目も日焼けします。
黒目のせいでまぶしさに対する耐性は白人よりも強いといいますが、そのせいで無頓着になりやすいようです。
目を紫外線から守るために、UV加工の施された防止やメガネを使うことが大事です。
紫外線が目を日焼けさせたために白内障になることもあります。
肌の健康のために紫外線を防止することは大切ですが、目の病気になると健康的な生活を犠牲にしてしまう可能性が高くなるので、より注意しなければなりません。
最近は、UVカット加工が施されている眼鏡やサングラスも気軽に購入できますので、お出かけの時には目を忘れずにガードすることです。
UVカットのアイテムを使ったり、陽光を避ける生活をすることで、少々の紫外線はやむをえないにしても、ある程度は防止したいものです。

紫外線を防止して美白を目指すためには

お肌の白さを保つには、紫外線防止が重要です。
紫外線にさらされた肌は、しみやくすみが多くなってしまうためです。
特に紫外線が多い時期は5月から9月で夏というイメージがありますが、実は5月から9月だけに限らず年間を通して対策をする必要があります。
もしも、紫外線から肌をガードしたいなら、紫外線量が多い時間に屋外で活動をすることは控えるといいでしょう。
この紫外線の多い時間帯は、午前10時から午後14時の間で、この時間帯だけでも1日のうちの50パーセントが降り注ぐと言われています。
ただし、10時から14時は外出に適した時間帯であることも確かです。
出かけざるをえないなら紫外線防止グッズが役立ちます。
塗った直後ではなく、塗ってからしばらくしてから効果があることが、日焼け止めクリームの特徴です。
日焼け止めが十分に効果を発揮できるようになる前に日焼けをすると意味がありませんので、早めに日焼け止めを塗るといいでしょう。
また日焼け止めは、こまめに塗り直す必要があります。
夏の暑い季節では、日焼け止めクリームを塗った後で汗をかくと有効成分が流れてしまいます。
また、効果がずっと続くものでもありません。
時間で言えば、できれば3時間に1回は塗り直すことをおすすめします。
毎日のスキンケアで、紫外線によって傷ついたお肌を修復させるためには、ビタミンCの多い化粧水や美容液が適しています。
紫外線の作用から肌を守り、肌の白さを維持するためには、美容成分であるビタミンCを有効に使いましょう。

紫外線を防止するスキンケア商品とは

日差しが強い日に外出する時には紫外線の対策をしっかりしてから出かけるようにしましょう。
肌が小麦色に焼け、皮が向けやすくなることが紫外線の作用だと考えられていましたが、他にも肌にもたらす影響があります。
肌の深い場所にある細胞に紫外線が到達すると、皮膚細胞が傷つきます。
その結果、お肌にくすみやすみ、そばかすなどのトラブルが起きてしまいます。
シミやくすみなどの肌トラブルを未然に防ぐためには、紫外線を防止しるための対策をする必要があります。
日焼け止めは、皮膚に紫外線が照射され、肌が悪影響を受けないように、肌を守ってくれるものです。
最近は、クリーム、ジェル、乳液など、色々なパターンの日焼け止めクリームが存在しています。
最近では、もっと手軽に使えるスプレータイプの日焼け止めも販売されています。
自分が日焼け止めクリームを必要とする状況を想定して、ニーズに合っているものを選ぶといいでしょう。
紫外線の防止力は、SPFとPAという2種類の数字が設定されており、日焼け止めクリームに書かれています。
紫外線にもUVA波とUVB波という種類に分けられ、SPFはUVB波を防止する力の値を表しています。
SPFが大きければ大きいほど、紫外線Bが皮膚を焼き始めるまでの時間を先送りできるようになります。
一方、PAはPA+からPA++++までの4段階に分かれており、+がたくさんある時ほど、紫外線A波が肌に到達できないようにガードしてくれる働きが強くなります。

紫外線と肌と影響について


サイトメニュー

ただいまの時刻


サイトメニュー


シミ・紫外線は、知っているように見えて、意外にわからない事がたくさんあるのです。意外と知らないシミ・紫外線についての情報を説明しています。

Copyright (C) 2018 誰も知らなかった画期的な紫外線対策を大公開! All Rights Reserved.

ページの先頭へ