ケア 紫外線

誰も知らなかった画期的な紫外線対策を大公開!
TOP PAGE >

目の紫外線ケアとは何か

ケア 紫外線

日焼けしないように肌を紫外線から守ることはもはや当たり前の時代です。
以前は、日焼けをすると丈夫になるという考え方もありましたが、近年の常識では、オールシーズンの紫外線対策が必要です。
肌の健康を守るために日焼けの対策をしている人は多いと思いますが、目の日焼けを気にしている人はどれ位いるのでしょうか。
紫外線の光を目に浴びると、目が痛んでしまうことは見逃されがちです。
レジャーや、スポーツで、季節を問わず長時間屋外で活動をしていると、目にも紫外線の影響が出てしまいます。
目にたくさんの紫外線を浴びてしまうと、炎症を起こす可能性があります。
症状としは、充血、痛み、かゆみなど人それぞれですが、目に異常を感じるのはかなりのダメージを受けている証拠です。
目の機能を損なわないためには、炎症が起きた目をしっかりケアすることが大事です。
症状の原因は炎症、簡単に言うと火傷をしている状態なので、まず炎症を起こした目を冷たいタオルや水で冷やすことがケアの第一歩です。
目の炎症対策には、目薬を使ってもいいでしょう。
例えば、目の炎症を解消するために、硫酸亜鉛水和物が含まれている目薬を使う方法もあります。
紫外線を目に受けたために、目にトラブルが起きたと感じた時は、目を休ませることが効果的です。
紫外線によるダメージを感じたら、睡眠時間を多めに取ったり、目を閉じて使わないようにして、しっかり休むことが何よりも大切です。

紫外線からはきちんと肌を守るケアが大切

ケア 紫外線

日に焼けない白い肌に憧れる人や、健康的に日焼けした小麦色の肌になりたい人、どちらでもスキンケアは重要です。
紫外線は、皮膚に負担をかけることが多いので、日焼け後のケアを誤ると、致命的なトラブルに陥ってしまう可能性があると言われています。
強い紫外線に長時間さらされていると、皮膚は炎症を起こしたり、しわやたるみが目立つようになることがあります。
太陽光に肌をさらすと、一旦赤くなって白に戻る人と、黒く焼ける人がいます。
太陽光を浴びるとまず赤くなり、次いで白くなる人は、肌が炎症を起こしたためです。
もしも、太陽光を浴びると皮膚が赤くなるタイプなら、数年先に皮膚が老化しやすくなるかもしれません。
皮膚が直接紫外線を浴びないように行動することで、肌の炎症対策や、老化に対する予防になります。
紫外線からお肌を守りたいという時には、肌タイプに合わせた日焼け止めクリームを使いましょう。
日焼け止めの効果はSPFという指標で表されていますが、SPFの高いクリームを使えばいいとは限りません。
SPFが高めの日焼け止めクリームは、皮膚への負担も大きくなってしまいますので、要注意です。
肌がガサガサしたり、肌荒れが起きやすくなる背景に、SPFの強すぎる日焼け止めクリームを使っている可能性があります。
紫外線による肌への影響を軽減するために、日焼け止めクリームなどお肌に合うものを選択することが大事です。

紫外線の影響による肌の乾燥

なめらかな白い肌に憧れている女性にとって、しみやしわの原因になる紫外線は難敵です。
紫外線を皮膚に受けると、お肌の不調が発生しやすくなってしまうと言われています。
紫外線を浴びたお肌は保湿力が低下し、乾燥しやすくなりますので、何とかして対策を講じる必要があります。
肌の表面にある角質層は、外部の刺激から守るためのバリアの役割をしています。
皮膚を覆う角質層によって守られていた皮膚に、紫外線をあてると、角質層自体が損傷を被ってしまいます。
角質は肌の一番外側にあり、基底層から生まれてた細胞が徐々に押し上げられ、最後には垢となって剥がれていきます。
太陽光線にさらされた肌は、紫外線の作用でバリア機能が下がっていまいます。
そうなると、皮膚の奥にある水分も奪われがちです。
皮膚細胞が紫外線によってダメージを受けると、しっかりと肌細胞に育ち切っていない細胞まで角質になるので、肌がトラブルに弱くなります。
細胞と細胞の間をすきまがないようにつなげてくれる細胞間質も足りなくなりますので、外界からの刺激が素通しになってしまいます。
バリア機能が万全でなくなると、さらに紫外線の影響をまともに受けて、内部の細胞にまでダメージを及ぼすようになってしまいます。
皮膚が健康なうちは、ある程度の紫外線くらいなら対応ができますが、肌が乾燥し始めるとそうもいっていられません。
乾燥が進行すると肌に炎症が起こり、色素沈着の原因ともなってしまうので、紫外線を浴びないようにすることは肌にとって大変重要なことなのです。

紫外線の対策と肌の老化について

しわやくすみの多い、老いがわかるお肌になりたくないなら、普段から紫外線対策をきちんとしておくことです。
程度の差はあるものの、紫外線は一年中、降り注がれているので、外出する時には常に紫外線の対策をすべきです。
紫外線が強くなるのは春から夏ですが、その時は、特に入念に対策が必要です。
紫外線対策を行う時には、お肌にどのような性質があり、紫外線の作用はどういったものなのかを知っておくことです。
多くの人は、屋外で活動をする時間が長い日は、朝からしっかりと紫外線予防を目的とした服装や対策を行っているようです。
けれども、わずかな時間しか外に出ないという時は、十分な対策を講じないでいる傾向があります。
一日じゅう家の中にいる日や、外に出る時間がごくわずかな時でも、紫外線対策はしておいたほうがお肌のためです。
紫外線を浴びたままの状態を放置しておくと、知らず知らずのうちにお肌の老化を促進してしまいます。
人間の皮膚は、皮脂膜や、角質層と呼ばれる防御機構があり、これらが皮膚の乾燥を防ぎ、外界からの刺激をシャットアウトしています。
肌の最も外側にある防御層が、紫外線の作用で傷んでしまうと、皮膚は乾燥しやすくなったり、肌トラブルが起きやすくなったりします。
保湿力を失い、乾燥しがちになった肌は弾力がなくなって、たるみやしわが多くなります。
また、代謝が悪くなると、くすみやしみが増えます。
皮膚が紫外線によってダメージを繰り返し受けていると、皮膚がんになってしまうリスクも高くなります。
UVカットのグッズや、日焼け止めクリームの活用がおすすめです。

日焼けの種類について

紫外線を浴びることでおきる皮膚の炎症やメラニン色素の沈着を、日焼けといいます。
通常は日光によって起きますが、人工の紫外線でも日焼けと同様の効果が得られるものもあります。
紫外線は、骨の形成に必要なビタミンDをつくる効果があります。
日焼けを紫外線によってしてしまうと、皮膚の老化を早めることになります。
活性酸素を増やして体に悪影響を与えるだけでなく、白内障などの目の病気にかかりやすくします。
悪いことばかりではないのが紫外線の効果なのですが、短所のほうが日焼けする場合には多いのではないでしょうか。
サンターンという皮膚の炎症や火傷と、サンタンニングという褐色に色づいた肌になる日焼けが、日焼けにはあるそうです。
サンバーンは波長の短い紫外線によって起きるもので、皮膚へのダメージが大きいといいます。
ひどいサンターンでは水ぶくれやむくみ、熱や痛みを伴います。
サンタンニングは、肌のメラニン色素を増やすことで、紫外線のエネルギーから皮膚細胞とそのDNAをガードする効果があります。
サンバーンがひどい人や、サンタニングがぜんぜん起こらない人もいるようで、紫外線による日焼けの度合いには個人差があるといえるでしょう。
通常では、日光に当たって8〜24時間でサンバーンがピークになり後からサンタンニングが起きます。
サンバーンもサンタンニングも肌にダメージを、紫外線による日焼けのしすぎのよって与える場合もあるので気を付けましょう。

日焼けのデメリット

どんなデメリットが日焼けにはあるのでしょうか。
どんなデメリットが紫外線による肌の日焼けにはあるのでしょうか。
かつては子どもは小麦色になるくらい日焼けしたほうが丈夫に育つと言われていました。
最近では、小さい頃から日焼け対策が重要だという考え方が一般的です。
日焼けは、健康上の様々な問題を引き起こすことがあるためです。
日焼けによって肌のしみやしわの増えることはかなりのデメリットです。
年齢を重ねるとともにしみやしわが増加しますが、その要因は年齢だけとは限りません。
長年の間に紫外線によって積みかさなった紫外線の影響が、年を取ると目に見える形で表れてくるのです。
メラニン色素という日焼けなどでつくられるものが要因で、お肌のしみができます。
新陳代謝が若いころは活発なため、古くなった皮膚と共に体外に、肌にメラニン色素ができても出されてしまいます。
年を取ると肌の代謝が遅くなり、シミやくすみが残りやすくなります。
紫外線には光老化という作用があり、若いころに日焼けをした肌は年を取るにつれて弾力が失われ、たるみやくすみが目立つようになります。
どんどん活性酸素が増加えることも、紫外線の短所だといえるでしょう。
活性酸素は、本来は体外から侵入したウイルスなどを守る役割がありますが、少しずつ内臓や皮膚にダメージを与え、様々な悪影響を及ぼします。
くれぐれも紫外線には太陽光の下で活動する時にはを付けて、できるだけ日焼けをしないように注意したほうが良いでしょう。

日焼け対策

いくつかの方法が、紫外線による日焼けを避けるためにはあるといいます。
最も一般的な方法は、日焼け止めクリームや紫外線対策グッズの活用です。
日焼け止めは紫外線吸収材と、紫外線散乱剤などを配合したクリームやオイルです。
一度紫外線を吸収してから熱エネルギーにして放出してくれるのが、紫外線吸収剤です。
直に紫外線が肌に当たらないように反射させる効果が紫外線散乱剤にはあります。
日焼け止めは、2層タイプのものはよく振ってから使いましょう。
顔には隅々に塗ってから、同じ量を重ねづけすると効果的です。
もれなく首や耳、えり足にも忘れずにも塗っておきましょう。
紫外線が肌に直接当たらないように、日傘や帽子、サングラスなどを使いましょう。
柄をできるだけ短く持ち、肌に近い位置を保つことが、日傘を使う場合のポイントです。
サングラスは、色が濃すぎると目の瞳孔が開きやすくなるため、UVカット加工がされている、色の薄いものがおすすめです。
長ズボンや手袋など、肌の露出を控え目にした服装も日焼け対策に効果的です。
意外と紫外線が多いことがあるのが、そんなに気温が高くなくても、空が澄み、雲が少ない晴れた日です。
紫外線の強い時間帯は、可能なら外出を避けるなどの心がけも重要です。
要注意なのは日焼けの要因ともなる窓から差し込む光で、紫外線が含まれているので浴びないようにしましょう。

サイトメニュー

ただいまの時刻


サイトメニュー


ケア・紫外線についての紹介ホームページです。ケア・紫外線を知らなくても、このウェブサイトを使用して詳しくなることが可能です。

Copyright (C) 2018 誰も知らなかった画期的な紫外線対策を大公開! All Rights Reserved.

ページの先頭へ