PAGE TOP

無我夢中で跳ねる友達とよく冷えたビール

置きっぱなしの餃子は固かった

「作家」のことを特別に考えている人って、たくさんいるんだろう。今までしてきた経験や先入観みたいなのが、「おばさん」と結びついてしまうことも、確かにありうる話だよね。

天気の良い平日の夜にゆっくりと
アンパンマンは、幼児に気に入られる番組なのにとても攻撃的に思う。
話の最後は、アンパンチといってばいきんまんをUFOごとぼこぼこにして終わりにするといった内容が大変多いと感じる。
幼児にも大変悪い影響だと思える。
ばいきんまんとかびるんるん達が、たいしていじわるをしていないときでも暴力で話を終わらせる。
アンパンマンは、ばいきんまんとかびるんるん達を見たら、やめろといいながらすぐにこぶしを突き出している。
話を聞くわけでもない。
話をするわけでもない。
ただ、ぶん殴って解決するからいつになっても変わらず、いつまでたってもいっしょだ。
想像するのだけれど原作は暴力的でないかもしれないけれど、テレビ受けの内容にする必要があってそんなふうになっているのだろう。

無我夢中で自転車をこぐあなたとファミレス
小学生の時から、活字は好きでしたが、何気なく、親が買ってくる本や図書室にある本を読んでいました。
本当に楽しんで進めるようになったのは、高校3年生の時。
クラスで、よしもとばななさんのムーンライトシャドウを勉強してからです。
物語は、彼氏を亡くした主役の、高校時代の回想が始まりです。
恋人が事故で亡くなってしまう経験はその当時もその後も、ありません。
しかし、高校生の私には主人公の悲しい気持ちが乗り移ってきました。
複雑な気持ちでした。
主人公のさつきと、その時の私の年が近かった事、それもあってだと考えています。
学校帰りに、その本を購入したのが文庫本を購入した初めてでした。
このストーリーは、「キッチン」に収録されている作品です。
随分昔のお話ですが、永遠に色あせない素敵な作品だと思います。
曇っている祝日の夕方は歩いてみる
ここ最近、大衆小説を読み進めることは少なくなったが、以前に北方謙三版の水滸伝に心を奪われていた。
別な作者が書いた水滸伝を軽く見た時は、物足りなくて、心を奪われなかったが、北方さんの水滸伝を読みふけったときは、没頭し、読むのが止まらなかった。
労働のなか休みや家に帰ってからの食事中、湯船の中でも読みあさって、1日一冊ずつ読みふけっていた。
キャラクターが血が通っていて、男らしい人物がとてもいっぱいで、そういったところに心酔していた。

月が見える火曜の夜は外へ
見るためにものすごく長く長く距離を歩く動物園は、夏季はとっても暑すぎて汗がでる。
友達の家族と自分の家族ともども合同で出向いたが、めっちゃ暑くてぐったりだった。
非常に暑すぎるので、キリンもトラも他の動物もろくに行動していないしし、奥の日陰に身をかくしていたりで、さほど見えなかった。
行ける機会があったら次は、クーラーのきいた水族館などがかなり暑いときはよさそうだ。
娘がもう少し大きくなったら夜間の動物園や水族館も楽しそうだ。
具合悪そうに踊る姉ちゃんとファミレス
近くに海があるところに私たちは、暮らしているので、大津波を両親が心配な気持ちをもっている。
特に震災後は、どれくらい海から隔たっているのかとか地理的に高い場所はすぐ近くにあるのかとか質問する。
妻と自分だって怖いのだけど、しかし、単純に引っ越し先も見つかるわけではない。
さりとて、誠に高潮がやってくるとなった場合に回避する経路を定めていないといけないと考える、しかし、海近くしか道がないので、今回、あらためて想像したら危ないと思った。

涼しい祝日の日没に散歩を
江國香織の作品に出る女性陣は、どことなくアンニュイだ。
話に出せば、東京タワーの詩史。
あと、スイートリトルライズの瑠璃子。
もう一つ上げると、ウエハースの椅子の女性画家など。
江國さんの隠された部分を、文章にして表現した結果なのだろうか。
最高にクレイジーなのが、神様のボートの葉子だ。
待っていれば迎えに来るかもしれないあのひとのために、逗子や草加に引っ越す。
恋人を忘れることなく、再び会えると確信して。
最後には「ママは現実を生きていない」と、愛娘に言われてしまうが、この女性にはそこまでピンとこない。
というのが、この文庫本の最高にクレイジーな見せ場だ。
私はウエハースの椅子には絶対に座れないけれど神様のボートには乗りたい。
江國香織さんの書く、クレイジーでもはかなくてちょっと弱々しい主人公が大好きだ。
雨が降る平日の早朝にお酒を
その日は、宮古島に出張に行った。
当然めちゃくちゃ暑い!
Vネックの上着の上に、スーツの上。
汗まみれになりすぎて、上着のジャケットはボロボロに。
泊まり先にまで到着して、上着をボディーシャンプーで綺麗にした。
次の日着るとそのジャケットはホワイトムスクの匂いが続いた。
スーツが痛まないかと気になったけれど、それでも洗いたいと心に決めていた。

ノリノリでダンスする姉妹と紅葉の山
常にEくんから送られるMAILの中身は、何のことを伝えたいのかほとんど分からない。
お酒が入ってても飲んでなくてもほとんど理解不能だ。
そう思っていたけれど、彼が会社で考えたという、商品と募金についての文章を読ませてもらった。
ちゃんとした文書をかけるんだ!と思い、ビックリした。
騒がしく跳ねる子供と電子レンジ
ある涼しい日、少年は母親からお使いをことづかって、白菜とねぎと豚肉を買いにいくところであった。
少年はほくそ笑んだ。
今日はおなべだ!やったぁ!…と。
しかし、彼への試練は次の瞬間に起きたのである。
なんと、ズボンのポッケにしまっておいたおつかいのためのお金2千円が、無いのである!
少年はスーパーマーケットの支払い所に並ぼうとする時、まさかとは思っていたがポケットの中に手を入れて確認してみたのだ。
そしてその時お金が無い事に気が付いたのだ。
怒られるのを覚悟して、少年はしかたなく手ぶらで家へ向かうことにした。
次回から、お金は靴の中か靴下の中に入れよう。
少年はこぶしを握り締め、そう決意した。

涼しい土曜の夜明けは想い出に浸る
暑い季節っぽいことを特にしていないが、同僚と来週、コテージを借りBBQをする。
毎年の定番だが、日常から離れ、息抜きになる。
男が少人数なので、非常にたくさん火をおこしたり準備をしないとな。
特に、重い物を運んだりが、女性だと不得意な人がけっこういるので、してあげないと。
しかれども必ず皆でアルコールをがぶがぶ飲むその時は、ビールをがぶがぶ飲まない様に注意しよう。

Copyright (c) 2015 置きっぱなしの餃子は固かった All rights reserved.