PAGE TOP

前のめりで口笛を吹く兄さんとよく冷えたビール

置きっぱなしの餃子は固かった

生きていく上で、「感動」の立ち位置ってなんだろう。無関係って言える?「野菜ジュース」は、アナタにとってどんな意味があるんだろう。

笑顔で吠える君と季節はずれの雪
どんなことでも一個の好きなことを、ひたすら続けているような人に憧れる。
スポーツでも、手芸でも、どんなに小さい分野でも
一年に一回だけでも、あの友達で、いつものホテルに連泊する!というような事も良いんじゃないかなと考える。
習慣的に一つを辞めないで続ければ絶対プロまで達することができるかもしれない。
思い返せば、保育園の時にピアノと絵の2つを学習していたが、また学習したいな。
そんな風に感じるのは、リビングののはしっこにに母に買ってもらったピアノが眠っているから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、時間ができたらもう一度学習したいとという意思がある。

風の強い週末の明け方は立ちっぱなしで
午前0時を過ぎて、寝付けないとなると、映画をなんとなく見る習慣がある。
この前見たDVDは、「エスター」というアメリカの作品だ。
ヒロインの、エスターは、賢いけれどかなり個性的な子供。
最後には驚くべき結果が隠されている。
これは観賞の中盤で、結果が理解できる人がいるのか疑問なくらい意外な終わり方。
結果は、ドキドキとさせるのではなく、非常にジトーッとような結末だった。
作品は、眠れない私の深夜の時間を充実させてくれる。
映画と言えば、常にカクテルも常に一緒なので、体重が増えてしまうのが怖い。
無我夢中で話す友達と月夜
使う予定があり必要性のある青竹を定期的に受け取れるようになって、恩に着るのだが、しかし、竹が重荷で大量に持っていってほしがっている竹の持ち主は、私たちの必要量よりモウソウダケを持って運び帰らせようとするので仕事が増える。
大量持って帰っても捨てることになるのだが、場所をとる竹がムダでしょうがないらしく、持って帰ってくれと強く請われる。
私もいるものをタダでもらっているので、断りづらい。

ゆったりと泳ぐ姉妹と公園の噴水
友人が2日前釣りに出向いたらしいが、少ししかかからなかったらしい。
アジゴがいっぱいで、チヌ釣りがしにくかったらしい。
ですが外道だがイノコの50cmサイズがあげれたらしいから、うらやましい。
何年か前にわけてもらって自分でさばいて口に入れたがたいそうおいしく印象に残っている。
そんなのがいると知ってしまったら早く行きたくなるが、もう少し我慢して今度だ。
息もつかさずダンスするあの人と季節はずれの雪
ネットニュースを見るけれど、紙の媒体を見ることも好きだった。
現在は、ただで閲覧できるインターネットニュースがたくさんあるから、新聞、雑誌はお金がかかりもったいなくて買わなくなってしまった。
ただ、読み慣れていたからか、新聞のほうが短時間でたくさんの量の内容を得ることができていたけれど、インターネットニュースのほうがつながりのあるニュースをおっていくことが出来るので、濃い内容まで調べやすいことはある。
一般的なニュースからつながりのある深いところを見やすいけれど、一般受けしなさそうな情報も新聞は小さくてものせているから目に入るけれど、インターネットニュースだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
近頃では、米国の債務不履行になってしまうかもというニュースが気になる。
債務不履行状態になるわけないと思っていても、仮にデフォルトになったら、他の国もきっと影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

よく晴れた木曜の早朝に読書を
遠くの里で暮らす母親も孫の為として、めっちゃ大量に手作りのものを仕立てて送ってくれている。
ミッフィーがとっても好みだと伝えたら、話したキャラの生地で、裁縫してくれたが、仕立てるために必要な布の価格がものすごく高価でたまげていた。
裁縫するための布は横、縦、上下のキャラクターの向きがあり面倒だそうだ。
しかし、大量に、ミシンで縫って作ってくれて、送ってくれた。
孫娘はものすごく愛らしいのだろう。
気分良く体操する弟と俺
思ったより仕立てるために必要な布は金額がする。
わが子が園に行くので、袋が指定された必要品だけれども、しかし、なんだか縫物用の布が価格が高かった。
とりわけ、キャラクターものの縫物の為の生地なんて、大変高い。
キティーちゃんやアンパンマンの縫物用の布がめっちゃ金額がいった。
指定の形のの布製の袋を買った方が手っ取り早いし、面倒が無いだけれど、かたいなかなので、皆、母親が縫ったものだし、隣近所に販売していない。

涼しい大安の明け方に読書を
サプライズで友達から貰った香りは、穏やかな匂いである。
似合う香水を意識して選んでくれた香水で、小さいボトルで飾りがついていて可愛らしい。
匂いの雰囲気も香水ボトルもどんなに大げさに言っても華やかとは言い難い匂いだ。
香水ショップには多くのボトルが置いてあったけれど、目立たない場所に置いてあったもの。
サイズはほんとに小さい。
シンプルでお気に入り。
どこかへ行くときだけでなく、仕事のときもカバンに、家での仕事のときも机に置いている。
なので、手提げはどれも同じ匂い。
だいたい身に着けているので、そうでないとき今日あの香りしないと言われる場合もたまに。
ショップで多くの香水をつけるのは好きなことだけど、この香りは今までの中で最高に気に入ったものだ。
気持ち良さそうに自転車をこぐ友達と夕立
営業用でいくつかスーツに似合うYシャツを所持しているけれど、いつも選ぶ時にたくさん試しに着てみる。
それ程、かたちに厳しいのもレアかと思い込んでいた。
しかしながら、前回の仕事で、シャツはオーダーメイドしてもらうという方がいたので、心外だった。
けれど、シャツだけでかっこよく見えるし、悪くないかも、と思った。

ゆったりと歌うあなたと枯れた森
さやかちゃんはパッと見おとなしそうに見られるようだけど、アクティブな女友達。
旦那さんと、3歳の賢治くんと、3人暮らしで、エスニック料理店の隣のアパートに住んでいる。
パートも子育ても手際よくこなして、忙しいけれど、時間の有効活用は上手い。
ちょっとでも暇を見つけると、どこか行かない?など必ず電話をくれる。
私は結構頻繁に桃ゼリーを作って、彼女のお宅にお呼ばれする。

Copyright (c) 2015 置きっぱなしの餃子は固かった All rights reserved.